40才で定年退職 ベトナム生活

日本を捨ててベトナムで生活することを決めました

インドネシア旅行

インドネシアはとても綺麗でした。
私が観光したところは、バリ島ですので
リゾート地でした。

なので物価もそこそこ高く
たくさんのお店があり
食べ物も豊富で美味しかったです。

 

特に思ったのは、
インドネシアイスラム教がほとんどですので
ベトナムに比べても宗教色が強いです。

街並みには寺院がありますし
皆さんご存知だとおもいますが、仏像などがたくさん
お土産で販売されています。

 

宗教色が強いといいことも悪いことありますが、
親切ですし、みなさんサービスがいいですね。
道もゴミがなくきれいです。
ベトナムみたいに、ゴミをポイポイ捨ててないようです。

 

とてもいい国でした。
物価が高い=インフラが整ってる=安全が高い

そのような感じがします。

 

でも海外ですから、
日本のような安全という訳ではありませんので
自己判断で気をつけて旅行ください。

ホーチミンからインドネシアへ


f:id:mabunhat:20190320125404j:image

 

インドネシアに行ってきま!

 

ビザがちょうど3ヶ月で切れるので

その国で更新するか、一回外国にでてまた入国するかが必要です。

 

今回は旅行と買付を兼ねてインドネシア、バリに行ってきます。

 

今回初めてなので、インドネシアに精通しているUさんに案内してもらう為、この日に合わせて現地で待ち合わせします。

 

まず必要なものを早速忘れました。

現金!

 

ベトナムドンしか持っておらず、インドネシアのお金を換金するのに、空港で一旦、USDに換金します。

入口横にもありますし、中にもいくつかありますが、2trで、85ドルくらいでした。

 

現地についたらまた、続きを書きます!

 

 

 

スマホを盗まれたらするべきこと

やられました。

 

 

スマホをひったくりにあいました!

 

 

バイクの後ろに乗っていた、嫁に私のiPhone7をもたせて
グーグルマップをみながら走っていたら....

 

f:id:mabunhat:20190308203132p:plain

 

ここの場所で盗られました。

 

 

あの、盗っていかれたときの敗北感。
くやしい、はらただしい。

サッと二人乗りのバイクの男たちに盗ってかれました。

クソ若造です。

 

 

 

え?あ?とか言ってる間に
バイクで追いつけない距離まで行かれて
かなり飛ばしましたが、追いつきもせず。

 

手から物が離れたらもう終わりです。

 

 

ベトナム人は、なぜグーグルマップのアプリを
走行中に使わないの?!便利なのに!
と思ってましたが、走行中にスマホを使うのは危険だと、わかりました。

 

 

また「iPhoneを探す」というスマホを無くしたら
便利な機能がありますが、
電源を切られて「iPhoneを探す」はオフライン状態です。

iPhoneの電源がオフになっている状態では、位置情報を送信できないため”iPhoneを探す”機能は利用できません。

 

やつらは、盗っていくと同時にiPhoneの電源を切ってました。
手慣れた感じなので、何度もやってるのと、
私たちが減速して曲がった所を狙っていたので、用意周到です。

 

ベトナムは殺されることはない所で
治安もいいと思ってましたが、
ぼったくり、ひったくり、だます。(事故も多い)という
そういう意味では、嫌らしい意味での治安が悪いです。

 

なので、自己防衛を常に備えなければなりません。
私も、まあまあ平和ボケしてましたし、
嫁もそんな被害に逢ったことがないので、ボケてましたね。

 

まずiPhoneが違う人の手に、渡ってしまったら
しなければならないこと。

 

1)電話番号を回復
2)アプリなどのパスワード変更
3)電話を買う

 

盗って行かれてもいい。というスマホを買う。
盗って行かれてもいい、データをバックアップを取る。

 

データはお金に変えることができないですから
データこそ大事です。

 

いまは、すべてデータはクラウド化にして
共有できるようするべきです。

 

 

 

どのスマホに切り替えてもデータはいつものまま。

 

バイクの時や外では、気をつけてください。
●かばん(パスポート、ノートパソコン)
スマホ(バックアップ)
●財布(ライセンス書やら、カード、クレジットカードやら)

 

この3つ!

ベトナム都会の物価が確実に上がっている

2018年から2019年に切り替わり
物価が上がっているのが分かります。

 

いつものカフェではコーヒーが50円の値上がり。
いつものパン屋さんも150円〜200円のパンがあります。
(商店街にある昔馴染みのパン屋さんの価格)


もちろん、土地も家も1年前に比べ値上がりしてます。

 

 

この急な上がり具合は異様ですね。
10年後には、ホーチミンの生活の影響は
どのように変わって来るのか楽しみです。

 

 

4、5年前まで20前半の平均月収は、約2~3万円くらいでしたが
今は、5万円くらいです。
稼ぐ人は10万、20,30万円の人もいますね。
(田舎はまだまだ、追いついていないみたいです)

 

うちの、ガードマンのおっちゃんは3万円くらいらしいです。
5万円はほしいそうです。

 

 

 

ちなみに学生のアルバイト
飲食店は70円〜100円/時間くらいです。

初めてベトナムに旅行の準備物

東南アジアで海外旅行を行かれる人は多いかと思います。
海外ですので、スリなどには気をつけた方がいいですね。

また、日本とは勝手が違うので気をつけた方がいい事も多いです。

 

不安を煽ると、楽しい海外も億劫になってしまいますが
最低限気をつけた方がいい準備することを書きます。

 

 

1)半袖半パンは、避けた方がいい

目立った格好はカモにされるのと
バーニング(日光の反射)がヤバい。

 

2)財布は専用の物に切り替える

コインはないので、小さい財布をお勧めする。
チェーンが付いてるとなお良い。

 

3)ポケットWi-Fi

スマホのグーグルマップは必須で使います。

 

4)使い慣れた薬

日本の薬は売ってないのと、外国の薬は強めで
書いてある文字もよく分からんです。

 

5)カバンではなくリュック

リュックがないなら、斜めがけのバッグに。
スッと物が入る、スッと出せる、
サッと取っていかれないカバンを。

 

6)電卓

慣れないうちは、100円のなくなってもいい
電卓で買い物の相場を、把握しましょう。

 

7)マスク

ハノイホーチミンは特にガスの空気が悪いので。
すぐ喉がヤラレます。現地でも調達できます。

 

 

 

ではでは、よい旅を!

ベトナムに生活して不便な事 10項目

これ重要ですね。

 

 

 

不便だと長く住むことは難しいですね。

 

 

日本人だから便利な国→不便な国に住むのは
ストレスがかかると思います。

 

 

 

一番は言葉はどうなの?と疑問ですよね。
ベトナム英語圏ではなく、ベトナム語です。
なので英語も日本語も通じません。
※ローカル

 

f:id:mabunhat:20190216160144j:plain

 

 

物事よって人それぞれですが
わたしが感じた不便なこと
嫁が感じた不便なこと。を紹介します。

 

他のブログでも紹介されているかと思いますが
私の場合は、かなり細かいですよ。

 

 

 

不便なこと

1)細かいことが通じない
2)会計の再チェック
3)レジがもたつく、おそい
4)日本の薬が手に入らない
5)SIM
6)物をなくしたら最後
7)虫が多い
8)何かと外が汚い
9)空気が悪い
10)医療保険

 

 

 

これらの不便(デメリット)を改善する必要があります。
改善方法を教えます。

 

 

1)細かいことが通じない

だいたいなことが通じればOKだと許容する。
むしろ、難しいことをクリアした時の達成感を味わう。
日本ではイージーゲームですが、
ベトナムでは、ハードゲームです。

 

 

f:id:mabunhat:20190216160601j:plain

 


イージーで遊んでてても😑です。
ハードをクリアした時の喜びは🤗ですよね。

 

改善方法→そう、考え方を切り替える。

 

 

 

2)会計の再チェック

だいたい、ベトナム人って適当です。
なので、レストランもスーパーも、あげくには給料も
会計を間違えます。
なので、レシートをジッと見てる姿をよく目にします。

 

f:id:mabunhat:20190216160148p:plain


改善方法→習慣化しましょう。給料は金額が大きいのでチェックしてます。
金額が小さいので、スーパーはノーチェックです。

 

 

3)レジがもたつく、おそい

働く人は、効率とか早くするとか、あまり考えていません。
レジ会計のスタッフによっては早い人もいますが
早い時は、逆にレア人材を見つけた感があります。

 

改善方法→4人で一人前と考えて、気楽に待ちます。

 

 

 

4)日本の薬が手に入らない

ベトナムで日本の薬は、ほとんどありません。
なので、探すのも疲れるので、代替えできるベトナムの薬を試す。

 

f:id:mabunhat:20190216160155j:plain

 

改善方法→最近では、配達便で日本から送ってもらいます。
最短で4日で着きます。(ルートを作る)
これで、ほとんどの日本の商品は入手可能です。

 

 

5)SIM

スマホは、生活必需品です。
特にグーグルマップ。
なので、契約をしますが、最初だけややこしいです。

 

f:id:mabunhat:20190216160201j:plain

 

改善方法→ここはベトナムの友達に頼って契約してもらってください。

 

 

6)物をなくしたら最後

財布をなんども無くした私が言いますが、
まず戻ってきません。見つかりません。

 

改善方法→なので、物を無くさないように工夫してください。
私は財布にはチェーンをつけて、ネックストラップやら
GPSチップやらで管理してます。

 

 

7)虫が多い

蚊に刺されるのが本当に嫌いなので、
虫除けクリームを常に携帯してます。

 

改善方法→また、ゴキブリが普通に「こんにちは」してくるので
わたしはもう、あいつをクワガタだと思い込むようにしてます。
アリも多いです。嫁は毎日アリと戦ってます。

 

 

8)何かと外が汚い 9)空気が悪い

特にホーチミンは、そうです。
市場に行けばもう、カオスです。

 

改善方法→そういうテーマパークだと思うしかないです。

 

 

10)医療保険

改善方法→自己判断で自分で加入してください。
必要なければ、無加入でも。
すべては自己責任の国です。

 

 

 

 

ざっと不便なことを説明しましたが、
そんな不便すぎて、なんで住むの?
ストイックなの?変態なの?

と思うかもしれませんが

 

メリット>デメリット

 

だと感じているからです。

 

 

 

みなさんどうでしょうか。
自分の価値観に合いそうなら
その国に住んでみるのもいいですよ。

 

毎日が旅行している気分で面白いです。

日本語の先生について

em đi trước nha
お先に失礼しま〜す

 

Q.日本語の先生に簡単になれるの??
Q.資格は??
Q.ベトナム語はなせないといけないの?

 

 

いっぱい疑問がありますよね。
やったことがないんですから。

 

 

 

Q.資格はあったことに越したことがないです。

 

日本語教師養成講座420時間 修了者
日本語教育能力検定試験 合格者
●大学日本語教育課程 主・副専攻修了者

 

これらを取るのに、お金も時間もかかります。
でも、ぶっちゃけ、塾の非常勤の先生なら不要です。

 

 

 

Q.ベトナム語を話せないといけないの?

もちろん、これも話せるにこしたことがないですが
話せなくてももちろん大丈夫。

 

日本語の説明や文法はベトナム人の先生が担当します。
だから、日本人のあなたなら会話をしてください。

 

もちろん、会話をするには
注意することが必要です。
(また今度書きます)

 

 

Q.日本語の先生に簡単になれるの??

他の仕事と比べて簡単だと思います。
でもどんな仕事でも、コツが必要だとおもいます。
それは、経験してわかることです。
(コツも、また今度書きます)

 

 

 

ということで、学校の先生になって早1年ですが
一番気をつけたほうがいい事は!

 

●偉そうにしない(先生と呼ばれてますが、サービス業です)
●あなたも常に学ぶことがある(生徒と一緒に学んでください)
●楽しい授業に心がける(つまらないと生徒はあくびをします)
●相手はあかちゃん(幼稚園児に教える気持ちを忘れずに)

 

総合すると
気が長くてプライドがない人
先生に向いています。

 

仙人みたいですね。
ははは。